おすすめされる浄水器の2つのタイプ

subpage01

近年では衛生面や安全性が益々注目されるようになり毎日の飲み水も高い意識で見られるようになりました。
家には切らさないように欠かさずミネラルウォーターをストックしているという人もいますが、中には重たい水を持ち運びたくないという人もいますし、ウォーターサーバーのような設備を設置できないという人もいます。


そのような場合には浄水器を使うのがおすすめです。



インターネットで検索してみるとおすすめの浄水器が紹介されていますが、検討する際にはまず2つのタイプがあるということを理解しておきます。


1つはポットタイプで、あまり見たことがない人も多いかもしれません。

今すぐ見つかるYahoo!ニュース情報を調べられるこのサイトはオススメです。

もう1つは蛇口に取り付けるタイプで多くの人が利用しているタイプです。
どちらのタイプもホームセンターなどで購入することができますが、蛇口に取り付けるタイプは水を出すと同時に浄水が始まりますのですぐに清潔な水を飲むことができます。
JIS規格では13の汚染物質が定められていますが、標準的な浄水器ではそのうち7つ程度を除去するのでコストを気にする人にとってはおすすめです。



更に安全性を求めれば13物質全てを除去することができるものもありますが、前者と比較しても2倍ほどのコストがかかりますのでどちらを優先するかで決めると良いでしょう。

ポットタイプのものは専用の容器に浄水カートリッジが付いていて、水を入れることで浄水された水が容器にたまっていく仕組みです。

コスト的には蛇口に取り付けるタイプの安いものと同程度ですが、こちらの場合は12程度の物質を除去することができます。

ただし、カートリッジの寿命が短めで容器によっては冷蔵庫に上手く入らないことがありますので注意が必要です。